ドイツでは夏休みの時期に入る

eingetragen in: Allgemein, Japanese | 0
Urlaubsflieger
バカンスにでる

日本はフランスと同様に、全国の学生が一気に休みに入りますが、ドイツの場合はオーストリアやスイスと同じように州別に夏休みの期間が決められています。そのためにドイツの支社は、パートナーの拠点がどこに置かれているかによって状況が変ってきます。ドイツの場合は、毎年同じ順番に休みがあれば、それに慣れれば簡単でしょう。しかし残念ながら一番遅くなるバイェルン州とバデン・ウエルテンブルグ州を除いて、毎年順番が少し変わります。今、私が住んでいるヘッセン州もそうで、期間が長い学年と短い学年もあります。

2018年のスケジュルは以下です。

 

 

今年の一番早いのはドイツ西が中心となります。

ヘッセン州:                                                 6月25日~8月3日
ラインランド・プファルツ:                       6月25日~8月3日
ザールラント州:                                         6月25日~8月3日
ニーダーサハセン州:                                 6月28日~8月8日
ブレーメン:                                                6月28日~8月8日
サハセン・アンハルト:                              6月28日~8月8日

7月上旬から東ドイツも入ります。

サハセン:                                                    7月2日~8月10日
チューリンゲン州:                                      7月2日~8月10日

次はドイツの東北部の順番です。
ベルリン:                                                     7月5日~8月17日
ブランデンブルグ州:                                 7月5日~8月17日
ハンブルグ:                                                7月5日~8月17日
メクレンブルク・フォアポマーン州:            7月9日~8月18日
シュレスウイク・ホルシュタイン州:          7月9日~8月18日
ノードライン・ウエストファーン州(ハノーバ):    7月16日~8月28日

ドイツの南とが最後に夏休みに入ります。
バーデン・ウルテンベルク州:                   7月26日~9月8日
バイエルン州:                                            7月30日~9月10日

会社が2週間から4週間の長期休暇に入るところは少ないが、一般的には6歳から18歳までの子供がいる家庭の夏休みの時期に合わせて長期休暇を取れるように配慮します。

幼稚園も学校と同時期に夏休みとなります。しかし園児の親は、義務教育に入っていないのと、いつでも休みをとれるので、できるだけ学校の夏休みを避けてバカンス計画を立て、旅費を節約します。